改葬はできるのか?

お墓の改葬って簡単にできるのか?これから改葬をしようとしている方はご参考に! - お墓の改装は可能か

お墓の改装は可能か

お墓はあるけれど、なかなか足を運ぶことができない。そのような現代人の方も多いと思います。
特に、地方にお墓があり自分は首都圏に住んでいるなどという方はこのようなケースに該当されるのではないでしょうか。
自分でなくとも、お墓の管理という点において考えれば維持をしてくれる人がいればそれでもかまわないのですが、場合によっては誰一人として存在しないということもあるでしょう。ですのでお墓選びはきちんとしましょう。こちらのサイトなら≪http://ohakaguide.com/≫あなたのお墓選びを全力でサポート致しますので一度ご相談ください。
このような状態は「無縁墓」といわれよくないこととも言われているのです。
そこで、お墓を自分の居住地域に移したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、先のような可能かどうかについて触れて生きたいと思います。
まず可能か不可能かという点においては「可能」ではあります。
しかし、引越し作業のようにとはいきないのです。
これは、墓理法ということに基づいて切れられていることなのです。
手続きとしては、移し変えたい場所の管理者側に「受け入れ証明書」というものは発行してもらうことが前提条件となるでしょう。
そして、今まで立てられていたお墓の管理者に対して「理墓証明書」というものを発行してもらいます。これを各市町村の役場に申請をし「改装許可」を得るのです。
その後、この許可書を今までのお墓の管理者に提示をしお魂抜きを行ってもらいましょう。このように、いくつかの手順が存在しているのです。
簡単にとはいきませんが、先々の供養や管理のことを考えて改装を行うという方もまた多いようです。
お墓を管理する上で、自分ではそれがしきれないということもあるかもしれません。そのようなとき、荒廃を避けるためにも「第三者に譲渡することができたら」ということを考える場合もあることでしょう。
では、このような譲渡というものは可能なのでしょうか。結果から言えば、不可能となっています。
なぜならば、お墓に対してかかってくる権利は所有権ではなく「使用権」であるということが大きな理由となっているのです。
ですから、一人の考えで勝手に処分をしたり譲渡をするということは認められていません。
特に後悔や民営の墓地においては、墓地管理規則などで譲渡を禁止するとの規約があらかじめうたわれていることも多いでしょう。

たとえば、都立の霊園ですと「都霊園条例」というものがあります。
これによって貸し出しや譲渡をするときには使用許可を取り消すという規則があるのです。
また、これ以外の寺院墓地においても一時的な譲渡を認めないという場合が大半でしょう。
しかしながら、ごく稀ではありますが、例外的なところも存在しているようですから、管理事務所などに問い合わせを行ってみるというのもよいかと思います。
改装などをしてお墓が不要になった場合においては、管理者に返すということになります。
このようなときには原状復帰をすることが必要となります。
要は、墓石などを完全に撤去し、お墓を建てる前と同じ状態にすることが求められるのです。
このような、譲渡についての知識も持っておくと良いでしょう。